自然というのはよくできていて、夏に実る野菜には、体を冷やす作用があります。
暑い夏に、汗だくになって食べるスイカは最高ですが、それは暑さで参っている体を冷やしてくれるからです。
逆に、冬に実る野菜は体を温めてくれます。
今は、世界中の野菜が日本に入ってきていますが、熱い地方でとれるものは体を冷やし、寒い地方でとれるものは体を温めるものが多いということも覚えておいてください。

ナスは夏野菜ですから、体を冷やす作用があります。
「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざがあります。
秋のナスはおいしいから嫁には食べさせないという姑の意地の悪さを表したという説がありますが、もうひとつの説は、ナスを食べすぎると、体を冷やして、赤ちゃんができにくかったり、流産したりするからだというものです。
私は、思いやりのある後者の方を支持したいですね。

特に、夏から秋にかけて、気温も下がってくるころに、体を冷やすナスを食べるのは良くないということなのでしょう。
しかし、おいしい秋ナスを食べないというのは寂しいものです。
体を冷やすことなく、ナスを食べるにはどうしたらいいか。
焼いたり煮たりといった加熱調理をすることです。
そして、温かいうちに食べる。
そうすれば体を冷やすことはありません。

また、ナスはショウガと一緒に食べるとおいしいですが、ショウガには体を温める作用があります。
体を冷やすナスと温めるショウガはとても相性がいいのです。
おいしいばかりでなく、健康にもとてもいい食べ方といえるでしょう。

漬物にして、ショウガと醤油で食べても体は温まります。