自分の生命力を信じるのは大事なことです。
誰もが強力な生命力を持っています。
がんになったからといって、そう簡単に死んでしまうものではありません。

生命力の強さを痛感するのは、ガンを告知された人が、最初は大きなショックを受けて落ち込みますが、しばらくすると、元気を取り戻す姿を見たときです。
そして、中には、ガンになったのをきっかけに、もう一度、生まれ変わったように、それまでとは違う生き方をする人も出てきます。

私が、がんの患者さんによく問いかけるのは、何のためにがんを治したいかということです。
がんを治したいと思うのは、今はまだ死ねないという理由がるからです。
その理由とは何かを、探してもらうのです。

漠然と、病気は治すものだと考えているうちは、病状もなかなかいい方向に向かって生きませんが、私の問いにはっとして、自分は何がしたいのだろうか?と、考え出した途端に、表情が変わって、体調も良くなっていく人がいます。

がんになるということで死を意識します。
がんが治ったとしても、いつかは死にます。
そのことに気づき、いつも死を頭に入れて今を生きるようになります。
目的も目標もなく、昨日と同じように今日を生きるのではなく、死ぬまでにこういうことをしたいと思って行動するとうのは、ただでさえも強力な生命力を、さらに強化することになるのです。

健康は目的ではなく、何かを達成するための手段です。
その何かを探すことが大事で、病気はそのきっかけになりますが、健康なうちから生きる目的を意識しておくと、生命力はとても喜んで、大いに働いてくれます。