テレビや週刊誌で、体にいい食べ物が紹介されると、スーパーでその食品がなくなってしまうということがよくあります。
健康というと、何を食べればいいかということがよく語られますが、入れることも大切ですが、それ以上に重要なのが、出すことです。
排泄です。
いくらいいものを食べていても、何日も便が出ないとなると、健康はよくありません。

排泄というのは、不要なものを出すという作用です。
それがないというのは、身体の中に、さまざまな老廃物がたまってしまっているということになります。
老廃物というのは、ゴミですから、便秘が続いているということは、体の中がゴミだらけになってしまっていると想像してみればいいでしょう。
何とかしなければいけません。

健康を維持するには、何を食べるかばかりに意識を向けるのではなく、スムーズに排泄できるにはどうしたらいいかを考える必要があります。

便秘を解消するには、

  1. 食物繊維の豊富なものを食べるということが大切です。
    海藻類、キノコ、豆類、ごぼう、穀類などを食べるようにしてください。
    アボカドやバナナ、干し柿も食物繊維が豊富です。
  2. お腹のマッサージをすることで、腸が活発に働きだし、便秘を解消させることもできます。
    私は、呼吸法をすすめています。
    椅子に腰かけ、右手をみぞおち、左手を下腹部に当て、上半身を前傾して息を吐き、元の姿勢に戻るときに息を吸います。
    これを何度か繰り返します。

呼吸法をしながら腸を刺激すると、ストレスも軽減しますし、腸の働きは活発になっていきます。
仕事の合間にでもやってみてください。