私は、おかげさまで不眠知らずです。
そのコツはと聞かれると「毎日の酒の飲み方です」と答えています。

私の場合は「寝酒」ではなく、「晩酌」を心がけています。
寝る直前に飲むお酒を寝酒、夕食時に飲むお酒を晩酌と考えてください。
私は、夜8時ごろにはお酒をやめて、10時ごろに寝ます。

寝酒をすると眠りが浅くなるといわれています。
アルコールには興奮作用がありますから、眠りが浅くなる可能性は十分にあるでしょう。
また、泥酔してバタンと寝てしまうのは、ボクシングでノックアウトされたようなものだから、いい眠りではありません。
ですから、酒を飲んでから寝るまでに、少しでもインターバルをとることが大切です。

寝る前のお酒は控える。

これだけでも、起きた時の酒の残り方がまったく違います。
酒によって心身の疲れを癒そうと思うなら、寝酒ではなく晩酌にすることです。

お酒を飲んで帰宅する方は多いと思います。
ご機嫌で帰って来て、「もう少し飲みたい」という気分になることもあるでしょう。
でも、そこは我慢することです。
その方が、よく眠れますし、翌日にものこりません。
もちろん、健康のためにもそうした方がいいでしょう。

飲み終わって、電車かタクシーで家に到着するまで、1時間くらいが経過しているはずです。
家であれやこれややっているうちに、寝るまでに、2時間3時間とたちます。
それがちょうどいいインターバルになります。

寝酒の習慣のある人は、飲み終わるのを少しだけ早めて、晩酌にするだけで、眠りの質がとても良くなって、朝の目覚めも違ってきます。