がんになると、みなさん、たくさんの本を読み、最近はネットを見て、さまざまな情報を仕入れます。

そして、○○療法がいいと知ればそこを訪ね、免疫を上げるサプリメントがあると聞くとすぐにでも取り寄せて飲み始めます。

もちろん、そうやって次から次へと治療法を渡り歩き、それで自分にぴったりの療法に出会って症状が改善する人もいます。
しかし、それは少数派で、殆どの人が、あれもこれもやったけど、結局ダメだったという結果に終わってしまいます。

がんに効くといわれている治療法やサプリメントはいくらでもあります。
それをしらみつぶしにやろうと思ったら、数百年のいのちが必要です。

大切なことは、戦略を考えることです。
サプリメントでいえば、免疫力を高めるサプリメントを何種類も飲む必要はありません。
免疫力に関係するものはどれか一種類にして、ほかのがん細胞が自然死(アポトーシス)するサプリ、抗酸化力のあるサプリといった具合に、違う作用のあるものにしてみるのも大事な戦略です。

あるいは、抗がん剤を使うときには、副作用が軽減できるものを飲んでみるとか、再発防止だったら、免疫力を強化するとか、状況に応じて、治療法を変えていくことです。

そのためには、専門的な知識のある人に相談することも大切です。
あれがいいとかこれが効いたという情報だけを頼りに、手あたり次第試すのは、ガンの治療だけでなく、健康な方が病気を予防する際にも、決してプラスには働きません。