食事をお酒も、だれと一緒に飲み食いするかがとても大切です。
どんなに高級なレストランで最高の食事をしたとしても、横には、口うるさい上司がいて話題は仕事のことばかり。
それも説教をされながらだとしたら、せっかくの料理もおいしいなどとは思えないでしょう。

すてきな女性と一緒で、話も大いに盛り上がって、これからもっと仲良くなれそうだと期待が膨らんできたりすれば、居酒屋のありきたりの料理であっても、ごちそうに感じるものです。

私は、不特定多数の人と一緒の宴会やパーティーは好きではありません。
名刺交換をしたり、あいさつをしたり、落ち着かないことはななだしくて、すばらしい料理を用意してくれても、味わって食べる気になりません。
乾杯が終わったらさっさと失礼することにしています。

それよりも、気心の知れた仲間と、病院の食事をする方が、楽しい時間を過ごすことができて、いのちのエネルギーが高まり、結果として健康でいられます。

また、いくら楽しくても、いつまでもダラダラ食べ続けたり、飲み続けないことも大切です。
いいところでおしまいにするのがちょどいいのです。

もう少し一緒に食事をしていたいな、お酒を飲んでいたいなと思えるような人と一緒に飲み食いして、どんなに盛り上がっても、2~3時間でさっと引き上げる。

それくらいだと、食べ過ぎたり深酒をすることもないし、次はいつ会えるかなという楽しみがあって、ちょうどいい具合に心がときめきます。

そんな仲間を見つけてください。