日ごろ、忙しくどうしても睡眠不足になってしまう方は、新幹線とか飛行機で移動するときに眠るといいのではないでしょうか。

最近は、シートも快適になっていますので、わずか1時間2時間でも、ぐっすりと眠ることができます。

私は、新幹線ならグリーン車、飛行機ならビジネスクラスで移動するようにしています。
料金は掛かりますが、快適さといい眠りを買っていると思えば、安い買い物だと、割り切っています。

移動の時にも仕事をしている方がいますが、私の経験からいえば、あまり根を詰めない方が、いい結果が出るものです。
難しい手術があったり、重要な発表があるときには、準備はしっかりとするのですが、その直前は、リラックスすることを心がけてきました。

眠れるくらいリラックスした方がいい仕事ができます。

がんの患者さんでも「何が何でも治すんだ」と、人からいいと言われた治療法を、がんばって次から次へとやる人がいます。
そういう人には「喧嘩も、まわりにあるものを手あたり次第に相手に投げつけるようになったら負けだから、どういう戦略でいくかじっくり考えてみましょう」とアドバイスをします。
あまりにもたくさんの治療法をこなさないといけなくて寝る間がないなんて、おかしな話ですから。

移動時間の眠りは、ちょっとした「間」を作ってくれます。
その間によって、いいアイデアが出たり、リラックスすることで、免疫力がアップします。
忙しい人にとって、移動時間は、貴重な時間です。
わずかな時間でもリラックスして、眠りを楽しんでみてください。