私たちは、一人ひとりが肉体を持って生きています。
肉体は個々の持ち物です。
しかし、生命エネルギーは、肉体の中だけにとどまっていません。
肉体をはみ出し、外の世界とつながっています。

私たちの生命エネルギーは外のエネルギーに影響を及ぼしているし、外のエネルギーから影響を受けて存在しているのです。

例えば、私の生命エネルギーがアップすると、それが病院のエネルギーにも影響を与えます。
病院のエネルギーが変化すれば、私の生命エネルギーも影響を受けます。
そういう関係があるのです。

そういう具合に考えていくと、病院のエネルギーが変われば、地域のエネルギーが変わり、さらには日本のエネルギーが変わり、世界のエネルギーが変わります。
たくさんの人が、自分の生命のを高めることができれば、日本や地球の生命エネルギーもアップするのです。

私は、今、世界中で災害や戦争がたくさん起こっているのは、地球の生命エネルギーが低下しているからではないかと思っています。

私たちに求められているのは、自分の生命エネルギーを高めることによって、地球のエネルギーをもっと高いものにすることです。
そうすることで、地球は、より住みやすい惑星になり、病気も戦争も少なくなります。

健康になるというのは、ただ自分さえ良ければいいということではなく、地球の健康まで考えてのことだと思ってください。
それくらいスケールの大きな視点をもたないと、本当に意味での健康は手にはいりません。
自分の病気が治ればいいというのではなく、地球まで癒してやろうと思って、治療に臨むと、地球からの応援もあって、思わぬ効果が得られます。