どんなことでも、「入れる」と「出す」のバランスが大切です。
入れなければ出せませんし、出さなければ入れられません。

呼吸がわかりやすいと思います。

吸ってばかりでも、吐いてばかりでも、窒息してしまいます。
吸って吐く。
吐いて吸う。
このリズムがあって、健康は保たれるのです。

同じように、働き続けるのではなく、働いたら休み、休み続けるのではなく、休んだら働く。
お金も、貯金するばかりでなく、使う。
使うばかりではなく、貯金もする。

人は平穏無事、順風満帆を望みがちです。

しかし、楽しみばかりの人生はつまらないものです。
ときどき苦がやって来るからこそ、そこで知恵を絞り、努力をして苦を乗り越えようとします。
苦を乗り越えたあとで得た楽しみは、苦の前よりもはるかに大きなものになっているはずです。

メリハリがあるからこそ、人は成長していくのです。

健康が大切だからといって、体にいいことばかりをやっているのも、メリハリがありません。
自然治癒力も、ときどき苦を与えてもらわないと、成長できません。

規則正しい健康的な生活をしながら、たまにはmお酒を飲み過ぎて二日酔いになって起きられないくらいがちょうどいいのです。
野菜中心の体にやさしい食生活をしながら、たまには、ステーキやかつ丼でお腹がいっぱいになってしまったというのがちょうどいいのです。
年に一度か二度、羽目をはずして自然治癒力をびっくりさせてやろうじゃないですか。