食生活は、食べたものが血となり肉となるといわれるように、健康ととても密接な関係があります。

私は、何を食べればいいかと問われたときには、まず旬のものを食べましょうと答えます。

食というのは、大地のエネルギーをいただくことです。
旬のものがもっともエネルギーが高いと思うからです。

そして、あまり加工や精製のされていないものです。
加工度が高まれば高まるほど、大地のエネルギーは減ってしまいます。

また、動物性の食品よりも、植物性の食品の方が、大地のエネルギーは高い思います。

療養法として日ごろからそういってことをお話ししていますが、それ以上に大切だと思っていることがあります。

それは、「おいしい」という心のときめきです。

食べたいものをがまんしたり、苦手なものを無理に食べるのは、心のときめきを阻害してしまいます。

心がときめくと、自然治癒力が高まります。

自然治癒力が高まれば、病気になりにくくなり、健康な生活が送れます。

健康にいい食生活というのは、大地のエネルギーをふんだんに含んだものを、喜びとともに食べることをいいます。

食べることは本当に幸せのもとです。

その幸せを味わいながら、豊かな食生活を送ってくだされば、それが一番の養生法だと思います。

食事をおいしく食べるのもいいことですが、女性にとってはダイエットのことも気になります。
そのようなときはエステなんかを利用する人も多いと思います。
例えばたかの友梨(http://xn--about–g63etflfz940bv73b.com)のダイエットエステなんかがいいんじゃないでしょうか。
おいしく食事をして、自分史上最高の美ボディを目指しましょう。