カテゴリー「 心と体を温めて健康になる知恵 」の記事

20件の投稿

身体を冷やさないことが大切だという話をしてきました。 だったら、冬は厚木をして、暖房のきいた部屋にいればいいのかということになります。 子どもが寒いとかわいそうだというので、着ぶくれするほど厚着をさせている親もいますが、 …
筋肉は、体の中でもっとも熱を作り出しています。 ですから、筋肉が減れば体温は下がってしまいます。 筋肉を減らさないためには、適度な運動が必要です。 毎日ジョギングをやったり、ウォーキングをやっている人。 無理せず、毎日続 …
長い間、癌治療の現場にいて、これこそ自然治癒力の最大の要因だというのを、私は見つけることができました。 心のときめきです。 ある胃がんの老婦人の話です。 手術が嫌だというので、漢方薬の治療をしていました。 しかし、がんは …
私の病院では、「漢方粥」というのを患者さんに出していて、これがとて好評です。 病院を開設したとき、食事をどうすればいいだろうかと散々悩んだあげく、漢方粥にたどりつきました。 私にとっても、思い入れのある朝ごはんなのです。 …
健康を損なう最大の原因はストレスです。 ストレスを受け続けると、血流が悪くなって体も冷えてしまい、深刻な病気になってしまう危険性があります。 しかし、現代社会で、ストレスを受けない生活をするというのは無理な話で、自分の健 …
夏は、冷たいソーメンや冷たい飲み物を食べたり飲んだりしたくなるのは仕方がないでしょう。 しかし、あまりにも冷たい食べ物や飲み物ばかりをとっていると、秋になってから体調を崩すことがありますので注意が必要です。 最近は、冬に …
がんが見つかり、主治医から「詳しい説明をするので、できるだけたくさんの親戚を集めてお越しください」といわれた患者さん。 どんなにひどい状態なのかとすっかり落ち込んでしまいました。 私のところへ来て、改めて検査をしたところ …
お灸というと「熱い」というイメージがありますが、今ではやけどの心配をするほど熱いお灸はほとんどありません。 最近は、電気式の温灸器もあります。 私の病院では、患者さんがよく「ビワの葉温灸」をしています。 昔は、ビワの葉を …
天気のいい日に日向ぼっこをするのは気持ちいいものです。 お日様に当たっているときというのは、体が温まって健康にとってもいいのですが、それだけではなくて、体の中では幸せホルモンと呼ばれているセロトニンがたくさん分泌されてい …
診察のとき、よく患者さんから「ハグしてください」とリクエストされます。 私は、力いっぱい、ほっぺたをくっつけんばかりにハグします。 特に、女性も患者さんだと力が入ります。 もちろん頼まれたときだけで、いくら美人の患者さん …
PAGE TOP